探偵事務所のアフターケア

現在、探偵事務所でもっとも調査件数が多い依頼といえば、やはり浮気調査です。いつの世も男と女というのは、なかなかうまく行くものではありません。

結婚によって縛られた夫婦であっても、配偶者以外の人と情事を繰り広げたいという欲求は男女を問わず常にあります。 そんな火遊びが、思わぬ代償となって返ってくるのです。

もちろん、探偵事務所としては、依頼者からターゲットの浮気調査を依頼されれば、断る理由というのは全くありません。 浮気調査には、尾行をしたり証拠写真や映像を撮影したりというのがありますが、あくまでもこれは浮気の証拠を掴む手段に過ぎません。

では、依頼者が希望する目的というのは何かといえば、それは依頼者の悩みを解決するということ。 確かに、浮気調査を依頼して浮気が確認され、その状況を証拠として押さえ、浮気相手を特定すれば、それで一応探偵事務所の仕事は終了ということになります。 しかし依頼者からすれば、その後のほうがむしろ大変なのです。関係をどのようにして修復するか、離婚を決断するか、大いに悩むところでしょう。

そこで、再び探偵事務所の出番です。そこでは、浮気調査の結果を踏まえ、その後の悩みの相談を聞いて、今後の進路、手続き、判断などについてアドバイスを受けることができます。 これは今までの実績から来る経験があるからでしょう。離婚裁判となれば、離婚訴訟などに強い弁護士を紹介してくれる事務所もあるのです。 多くの場合、この弁護士の紹介において紹介料は発生しません。少なくとも私は聞いたことがないですね。 もし紹介料をとるような探偵事務所だったら悪質と判断して間違いないです。

離婚に強い弁護士

弁護士というと離婚などの問題であれば誰でも引き受けて貰えるお考えでしょうが弁護士にも専門分野があります。 刑事事件に得意な弁護士、商法や特許問題などなど。確かに弁護士資格を取得してますからただでも対応はして貰えます。 しかし、夫婦の離婚問題に関しては民事の特に夫婦間のトラブルに強い弁護士にお願いした方が有利に事が進むのは当然の事です。

探偵事務所では各専門分野に秀でている弁護士とも懇意していたり、離婚問題に強い弁護士を顧問としてお願いしている探偵事務所もあります。 飛び込みで弁護士事務所や弁護士会に行くよりは探偵事務所の紹介も視野に入れておくと何かと便利です。

多くの弁護士と懇意にしているのは探偵事務所の実績が無ければ早々になれません。 探偵事務所の目安にもなる事なので顧問弁護士や懇意にしている弁護士との繋がりの多い探偵事務所は安心の材料の一つです。

但し、弁護士と提携することにより、探偵事務所とともにお互い利益をむさぼるケースもなくはないので注意が必要な場合もあります。 なにしろ探偵事務所では浮気問題が多く、その事後処理で多くの離婚明代など専門的弁護士を多く知己しているのは当然だからです。

特に探偵事務所のWEBサイトに積極的に名前を出したり知名度をアピールする弁護士の場合は、探偵事務所とともに高額な依頼料を取っている場合もあるので注意が必要です。 逆に弁護士を宣伝に利用していなくても、しっかりと紹介はしてくれたケースの方が信用できるかもしれません。 いずれにせよ「探偵の調査後にアフターケアが必要なケース」で弁護士の紹介が可能であるか?事前に確認しても良いと判断出来ることでしょう。

最終的に弁護士の力によって問題が解決することも多いとも言えます。 浮気調査後の方向性が定まらない方や自身の将来を模索出来ない方には弁護士によるアフターケアは力強い味方となっているのです。

幅広い許容がある業務や仕事ぶりを有していることを「どう判断するか?」が利用者に問われるのでしょう。 あなた自身に最良の選択は何か「選択できる」ということは良いことに思えるのです。

このページの先頭へ